暗闇の中で出会う、あたたかなコミュニケーションと本物の自分 - ダイアログ・イン・ザ・ダーク開催中 まっくらやみの中で体験する、ソーシャルエンターテイメント、「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」。1989年に発案者のハイネッケ博士によりドイツで生まれ、世界中で600万人以上が体験してきたイベントは、1999年以降は日本でも毎年開催され、約97,000人が体験した。現在、東京・外苑前で開催されている。
参加者は完全に光を遮断した空間の中へ、何人かとグループを組んで入り、暗闇のエキスパートであるアテンド(視覚障がい者)にサポートされながら、暗闇の中を探検し、様々なシーンを体験していく。視覚が閉ざされた中で暗闇との対話が始まる。土の匂い、仲間の声、白枝の先の触感が徐々に鋭さを増し、視覚以外の感覚と可能性と心地よさを思い出す。そして90分間のプログラムを終える頃には、コミュニケーションの大切さ、あたたかさを再認識することになるだろう。それは、体験したものだけにしか分からない感動だ。 バーバリーマフラーコピー 「この『Dialog in the Dark』の中で本物の自分とも出会えるかもしれません。素敵な自分の感性に耳を澄ますときを、どうぞご自分にプレゼントしてみてください。きっと、人という生き物は、すばらしいものだと感じることができるでしょう」 DIALOG IN THE DARK JAPAN
こども環境会議代表/バースセラピスト 志村季世恵 ダイアログ・イン・ザ・ダーク TOKYO 開催概要
フェンディスーパーコピー催:ダイアログ・イン・ザ・ダーク・ジャパン
ユニット:定員各8名(約90分)
ユニット数:約15ユニット/日
会場:東京都渋谷区神宮前2ー8ー2 レーサムビルB1(東京メトロ銀座線・外苑前駅下車徒歩8分)
チケット販売・詳細情報: