暗闇の中で出会う、あたたかなコミュニケーションと本物の自分 - ダイアログ・イン・ザ・ダーク開催中 まっくらやみの中で体験する、ソーシャルエンターテイメント、「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」。1989年に発案者のハイネッケ博士によりドイツで生まれ、世界中で600万人以上が体験してきたイベントは、1999年以降は日本でも毎年開催され、約97,000人が体験した。現在、東京・外苑前で開催されている。
参加者は完全に光を遮断した空間の中へ、何人かとグループを組んで入り、暗闇のエキスパートであるアテンド(視覚障がい者)にサポートされながら、暗闇の中を探検し、様々なシーンを体験していく。視覚が閉ざされた中で暗闇との対話が始まる。土の匂い、仲間の声、白枝の先の触感が徐々に鋭さを増し、視覚以外の感覚と可能性と心地よさを思い出す。そして90分間のプログラムを終える頃には、コミュニケーションの大切さ、あたたかさを再認識することになるだろう。それは、体験したものだけにしか分からない感動だ。 バーバリーマフラーコピー 「この『Dialog in the Dark』の中で本物の自分とも出会えるかもしれません。素敵な自分の感性に耳を澄ますときを、どうぞご自分にプレゼントしてみてください。きっと、人という生き物は、すばらしいものだと感じることができるでしょう」 DIALOG IN THE DARK JAPAN
こども環境会議代表/バースセラピスト 志村季世恵 ダイアログ・イン・ザ・ダーク TOKYO 開催概要
フェンディスーパーコピー催:ダイアログ・イン・ザ・ダーク・ジャパン
ユニット:定員各8名(約90分)
ユニット数:約15ユニット/日
会場:東京都渋谷区神宮前2ー8ー2 レーサムビルB1(東京メトロ銀座線・外苑前駅下車徒歩8分)
チケット販売・詳細情報:

ディグラボ ソフトクリーム研究所から、新作「エアリーソフトクリーム - 京宇治抹茶」が登場。2020年3月1日(日)から5月31日(日)まで、大阪・なんばAKICHI店にて季節限定販売される。 “花びら”風ふわふわソフトクリーム・ディグラボに新作「京宇治抹茶」大阪で発売|写真1 ディグラボ ソフトクリーム研究所の「エアリーソフトクリーム」は、花びらのように絞り上げた華やかなビジュアルが人気を博しているソフトフェラガモベルトコピークリーム。ふんわりとした軽やかな口当たりも魅力だ。 季節限定の新作「エアリーソフトクリーム - 京宇治抹茶」には、京都府産の宇治抹茶を合わせたコク深いソフトクリームを使用。芳醇な香りと上品な渋みを持つ宇治抹茶が、まろやかなミルクの味わいとマッチしてグッチ指輪コピーいる。 新緑のように美しいビジュアルと宇治抹茶の爽やかで奥深い味わいを堪能できる和風ソフトクリームに仕上がった。 【詳細】
ディグラボ ソフトクリーム研究所「エアリーソフトクリーム」新作
販売期間:2020年3月1日(日)~5月31日(日)
販売店舗:なんばAKICHI店(大阪府大阪市浪速区難波中2丁目3-20)
営業時間:11:00~19:00
・宇治抹茶 600円(税込)
・宇治抹茶 リッチチョコレート 600円(税込)

スイスのチョコレートブランド・(Lindt)が運営するリンツ ショコラ カフェより、春限定「リバレンシアガ財布コピーンツ ホワイトチョコレート ストロベリー アイスドリンク」が登場。2019年4月1日(月)から5月31日(金)まで、リンツ ショコラ カフェ全店にて販売される。 リンツ ショコラ カフェ、甘酸っぱい苺×レモンを合わせた春限定アイスドリンク発売|写真1 「リンツ ホワイトチョコレート ストロベリー アイスドリンク」は、旬のストロベリーとレモンを組み合わせた、春らしいピンク色のアイスドリンク。リンツのミルキーなホワイトチョコレートをベースにしたドリンクには、ディオールサングラスコピープチプチ食感が楽しめるストロベリーの果肉をたっぷりとブレンド。またその上には、瀬戸内産レモン果汁入りのくちどけ滑らかなホイップクリームと、ストロベリーソースを絞って、見た目にも華やかに仕上げている。 爽やかなレモンホイップクリームは、甘酸っぱいストロベリーと相性抜群。旬ならではの、すっきりとしたフルーティーな味わいを是非楽しんでみて。 【詳細】
リンツ ショコラ カフェ春限定「リンツ ホワイトチョコレート ストロベリー アイスドリンク」
販売期間:2019年4月1日(月)~5月31日(金)
販売店舗:リンツ ショコラ カフェ全店舗
※なくなり次第終了
価格:
・銀座店 イートイン グラス仕様 1,388円(税込)
・銀座店以外 テイクアウト仕様 772円(税込)
(自由が丘店のイートインはグラス仕様)

↑このページのトップヘ